業種別就業規則のポイント!

美容業(美容室等)


■徐々に新卒も中途も採用できない状況である。美容室から会社組織サロン経営にしていくために就業規則も当然必要だ

■週40時間労働を守るための労働時間設定をどうするか?

■仲間内のサロンが労基署の立ち入り検査を受けて、危機感が増したので自分のサロンもあたらに就業規則を整備しようという気持ちになった

■無断欠勤や早期退社が多い業界なので、よりルールを明確に規定したいと以前から思っていた

■書店で見かける就業規則だとスタッフが見てもわからない!スタッフが見て理解でき、わかりやすい就業規則を作成したい

■接客業なので服装、髪型、つめ、香水など一般企業にはない独自のルールを自社のレベルで作成したい

美容室の場合、慢性的に長時間勤務になる傾向があります。
長時間勤務のままでいることのリスクをよく考えてシフトを組む必要があります。

是非、一度 社会保険労務士法人 山下労務管理事務所 にお問合せ下さい!

現在、無料相談受付中です!




メールでのお問合せはこちら


電話でのお問合せはこちら